受取保険料の課税関係

民間の保険に加入をしビジネス男性03ている場合、保険の契約に則って保険金が給付されるケースがあります。その際の受取保険料に関しては課税の対象となる場合もあり、非課税となる場合もあります。そのため、万が一、保険金が支給されたときに慌てずに済むように受け取った保険金と税金の関係を、簡単にでも知っておいたほうがいいでしょう。


病気や怪我に備えて医療保険へ加入している人は多いでしょうが、医療保険の加入者が入院をした場合、保険会社から入院給付金が支払われることになりますが、法令によって「不慮の事故や疾病などにより受けとれる給付金は非課税」ということが決まっているため、受け取った入院給付金は非課税となります。
しかし、医療保険とは違い死亡保険では課税関係に関しては事情が異なってきます。。被保険者の死亡時には死亡保険金を残された家族が受け取ることになりますが、死亡保険金は残された家族のその後の生活費という意味合いが強いため、基本的には税負担は軽くなるように配慮されています。
しかしながら、死亡保険へどのような形態で契約を結んでいるかによって税額に大きな差が生じてしまうという点には注意しなければなりません。
契約者が被保険者本人であった場合、死亡保険金を受け取るのは相続人である配偶者や子供となります。このケースでは相続税の対象となりますが、高額の財産を相続する場合でない限り相続税に関しては気にする必要はありません。
契約者が受取人である場合には、受け取った死亡保険金は所得となり、所得税の課税対象となります。

コメントは受け付けていません。