支払保険料の課税関係

ビジネス男性01しもの時の備えとして民間の保険へ加入している人は多いでしょうが、毎月保険料を支払っていくことになると家計にとっては大きな負担となります。そのため、保険の加入者の負担を少しでも軽減される手段として、確定申告や年末調整の際には支払保険料を所得から差し引くことが認められています。所得から支払った保険料を差し引くことで所得税の額が減額されることになり、家計の負担がその分だけ軽くなるのです。


たとえば生命保険へ加入している人の場合、生命保険料控除によって支払った保険料の一部が所得から差し引かれることになります。その結果、所得税および住民税が軽減されることになります。
生命保険控除は現在、旧契約と新契約について制度が異なっており、平成23年12月31日までに加入した保険がこれに該当します。旧契約で控除を受けられるのは「一般の生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」の2種類となっており、それぞれ5万円までの合計10万円までの控除を受けることが可能となっています。
新契約は平成24年1月1日以降に加入した保険が対象となっていますが、この場合、「一般の生命保険料控除」、「介護医療保険料控除」、「個人年金保険料控除」の3種類の控除を受けることができます。それぞれ4万円までの合計12万円が控除を受けられる最高額となっています。

コメントは受け付けていません。