控除できる上限

支払保険料が社会保険料か生命保険料かで所得税計算にたいする影響が変わってきます。
まず、社会保険料(健康保険、国民健康保険、介護保険、雇用保険、国民年金、厚生年金など)の場合は支払った額全額を控除することが出来ます。
そして、生命保険の場合は保険を契約したタイミングにより、さらに二つのケースに分けることが出来ます。


まずは、平成23年12月31日以前に締結した場合です。
この場合は、支払った額が25,000円以下の場合は全額、25,000円超50,000円以下の場合は支払った額から25,000円を引いたものに50%をかけ25,000円足した額、50,000円超100,000円以下の場合は支払った額から50,000円を引いたものに25%をかけ37,500円足した額、100,000円超の場合は50,000円となっています。
次に、平成24年1月1日以後に締結した場合です。
この場合は、支払った額が20,000円以下の場合は全額、20,000円超40,000円以下の場合は支払った額から20,000円を引いたものに50%をかけ20,000円足した額、40,000円超80,000円以下の場合は支払った額から40,000円を引いたものに25%をかけ30,000円足した額、80,000円超の場合は40,000円となっています。

 

コメントは受け付けていません。